1. トップページ>
  2. 社長・社員ブログ>
  3. 地物水揚ランキング

地物水揚ランキング ベスト20(8/20付)
Catch of the Month and Fish in Season (August 20, 2013)/当地水产捕捞排行榜 前20名(8/20日)

ren_title_bb_r4_c3.jpg

ニュースレター現場水揚げ.gif

ニュースレター現場水揚げ_en.gif

当地水产捕捞排行榜  前20名(8/20日)

第1                带鱼
第2                海鳗
第3                鲷鱼
第4                赤鯥
第5                乌贼
第6                赤魟
第7                牛舌鱼
第8                大眼鲬
第9                虎虾
第10               虾
第11               蟹
第12               莱氏拟乌贼
第13               白斑星鲨鱼
第14               镰齿鱼
第15               沙鮶鱼
第16               鯵鱼
第17               河豚
第18               名古屋河豚
第19               皱唇鲨
第20               口虾蛄

ハモ、ガラエビ、ワタリガニの水揚げ量が増えましたが、
その他の魚種は減ってきているか、前月並の量のものがほとんどでした。(細川)

According to Ms Hosokawa, catches of pike conger, black small shrimp and blue crab are increasing but other fish are either decreasing or remain the same as the previous month.

虽然海鳗、虎虾、海蟹的打捞量增大了,但其它鱼类的打捞量却减少很多,基本与上个月的数量相同。(细川)

浜のおばさん方、漁師さん、お客さんに指導してもらいながら、1日でも早く、
仕入れに慣れるよう頑張ります。まず、漁師さんの名前から覚えたいです。(三木)

Mr. Miki commented “I will try hard to be good at purchasing by learning from the ladies in the fishing village, fishermen and customers. At first, I will memorize the names of fishermen.” 

在市场阿姨们的指导下,还有渔户们及客户们的多方指导下,我希望自己能尽快的掌握工作,努力熟悉进货方式。首先从记住渔户们的名字开始。(三木)


地物水揚ランキング ベスト20(7/20付)
Local fish catch - The top 20!/本月的捕捞信息/时令水产品信息

ren_title_bb_r4_c3.jpg

ニュースレター現場水揚げ.gif

July (July 20, 2013)/当地水产捕捞排行榜  前20名(7/20日)

No1 Cutlass fish/带鱼 No11 Shrimp/虾
No2 Pike eel/海鳗 No12 Sillagos/沙鮻鱼
No3 Vertical striped cardinal fish/赤鯥 No13 Japanese eel/日康吉鳗
No4 Sea- bream/鲷鱼 No14 Fine spotted flounder/鲽鱼
No5 Octopus/乌贼 No15 Bigfin reef squid/莱氏拟乌贼
No6 Big-eye flathead/大眼鲬 No16 Japanese stingfish/褐菖鮋
No7 Common Squid/鱿鱼 No17 Isaba/皱唇鲨
No8 Black cow-tongue/牛舌鱼 No18 Scorpion fish/日本鬼鮋
No9 Spotted Shark/白斑星鲨鱼 No19 Pear puffer/名古屋河豚
No10 Red stingray/赤魟 No20 Jack Mackerel/鯵鱼

 

ニュースレター現場水揚げ02_02.jpg

 

地物水揚ランキング ベスト20 (7/20付)

ハモやタコ、メブト、エビ類の水揚げが増えてきて夏を感じております。

昨年は、タコの水揚げ量が異常に少なかったですが、今年は期待できそうです。

すし水軍で、ハモやタコは期間限定メニューとして提供されており、
幅広い方々に瀬戸内の地魚の旬を感じていただけているのではないでしょうか。

メゴチの水揚げ量が毎日安定して多いので、活用方法があれば面白いと思っています。
(山本)

Summer fishes like pike conger, octopus, blackthroat seaperch and various kinds of shrimps are increasing in number. Last year, we unusually less octopus but we can expect more catch this year. Pike conger and octopus are served as season’s special menus at Sushi Suigun restaurant. Wide range of customers can enjoy the seasonal fish of Setouchi Sea. The catch of big-eyed flathead is large and stable so it will be interesting if there is a good way to utilize this fish. (By Yamamoto)

当地水产打捞排行榜  前20位 (7/20日)

随着海鳗、章鱼、赤鯥、虾等的打捞量增加,也有了夏季的感觉。
去年章鱼的打捞量异常的少,今年有待期盼。

寿司水军各店铺已将海鳗、 章鱼列入季节限定菜单中了。
是否能让口味不同的客人们满足呢。

 打眼鲬每天的打捞量都很很多且稳定,如果可以使用于各种料理,我想那肯定非常有意思。
(山本)

地物水揚ランキング ベスト20

skitched-20130603-163753.jpg

ニュースレター現場水揚げ_01.jpg

ニュースレター現場水揚げ_02.jpg

ニュースレター現場水揚げ_03.jpg

ニュースレター現場水揚げ_04.jpg

タチとハモが期待どおり数量を伸ばしてきました。
タチはしばらくなかった分、値段が高めで推移していましたが、ある程度
量が上がりだしたら落ち着いてくると思われます。

タコが相変わらず少なく、昨年の半分ぐらいでしょうか...
また、サイズもなかなか小さいものが多く、注文をいただいても
用意できないこともありました。

その他、印象に残っているのは丸アジです。
好みがある為、よく前に並べられて買ってくれるお客様を待っていました。(細川)

地物水揚ランキング ベスト20

skitched-20130603-163753.jpg

ニュースレター現場水揚げ.gif

 

5月になり真鯛がいっきに湧いて、毎日大漁に揚がってきました。

昨年と比べてもダントツで記録更新です。

3月4月と落ち込んでいたタチウオも回復し平年並みの量でした。

 

そんな中で、今月多く目にしたのはオコゼと大口でした。

こちらもランキングをし始めてから新記録です。

少々、値段のはる商品ですが美味しい魚ですね★(細川)

地物水揚ランキング ベスト20

ren_title_bb_r4_c3.jpg

ニュースレター現場水揚げ.gif


朝、片原営業所に行くとチヌやスズキがよく目につきました。
黒々としてサイズもまあまあ太かったのもありますが、、、

思ったよりマイカの水揚量が多かったようです。
前年、先月と比較しても圧倒的です。

水イカとスレンチョは安定して出続けています。(細川)

地物水揚げランキング ベスト20(2/20付)
Catch of the Month and Fish in Season

ren_title_bb_r4_c3.jpg

ニュースレター現場水揚げ201303.gif

No1 Cutlass fish No11 Japanese spineless cuttlefish
No2 Lizardfish No12 Black Scraper
No3 Bigfin reef squid No13 Black cow-tongue
No4 Pear puffer No14 Seabass
No5 Red tongue sole No15 File fish
No6 Sea- bream No16 Red stingray
No7 Seabass No17 Common Squid
No8 Japanese stingfish No18 Young Sea-bream
No9 Ocellated Octopus No19 Belted beard grunt
No10 Finespotted flounder No20 Sillagos

 

今年はナゴヤが多く捕れそうな予想です!
This year, we are expecting the large catch of “nagoya” (a kind of blow fish)!

 

仕入れ担当の山本より一言・・・
The following is the advice from Mr. Yamamoto who is in charge of purchasing.

 

skitched-20130304-165802.jpg

フグと言えばトラフグをイメージされる方も多いと思いますが、
実際にはナゴヤフグが多く水揚げされています。
旬は、産卵前の冬のまさに今です。
鍋は勿論、刺身や唐揚げ、一夜干しと用途は幅広いです。
小さいものは、味噌汁に何匹か入れたりしたら、ちょっと贅沢な
気分になるのではないでしょうか。

◎ Speaking of blowfish, many people would think of tiger puffer fish; however, the kind of blowfish usually caught in large numbers is “nagoya”. The season for “nagoya” blowfish is winter since it is the time before they lay eggs. Not to mention hot-pot dishes, “nagoya” is good for sashimi, fried fish or overnight dried fish. Small sized ones in miso soup would also make a gorgeous menu.

 

タチウオ.jpg

通年水揚げのあるタチウオです。この魚はわが愛媛県が一番多い
水揚げ高です。
ウロコがないため鮮度が落ちるのが早く、関東では高級魚です。
産地ではもちろん刺身で食べたいですね。銀色の皮に旨味が
詰まっているので、皮付きで食べます。
他にも色々な料理に使えるのも特徴で、熱を加えると白身の旨味が増します。
DHAやオレイン酸、ビタミンA、D、Eも豊富で、栄養価が高いので、
美や健康を意識される方にオススメです。(山本)

◎ Cutlass fish are caught throughout the year. Ehime prefecture where Rumi Japan is located has the highest catch amount of cutlass fish. The freshness of the cutlass fish declines fast because it does not have scales and it is known as high-quality fish in Kanto area. Of course, we would recommend eating as sashimi in Ehime, the production place. Delicious flavor is mostly contained in its silver colored skin, so you should eat it with skin on. Cutlass fish is very nutritious as it is filled with DHA, oleic acid, vitamin A, E and D. It is most recommended to customers who are beauty and health conscious.

地物水揚げランキング ベスト20(12/28・1/20付)
Catch of the Month and Fish in Season (December 28, 2013)(January 1, 2013)

ren_title_bb_r4_c3.jpg

▼12/28 December 28, 2013

ニュースレター現場水揚げ1228.gif

No1 Japanese spineless cuttlefish No11 Red tongue sole
No2 Common Squid No12 Belted beard grunt
No3 Sea- bream No13 Pear puffer
No4 Cutlass fish No14 Spotted Shark
No5 Red stingray No15 aebiemberaebiemberaebiemberaebiemberSwimming crab
No6 Filefish No16 Black cow-tongue
No7 Seabass No17 Young Sea-bream
No8 Japanese stingfish No18 Finespotted flounder
No9 Pike conger No19 Shrimp
No10 Lizardfish No20 Black Scraper

▼1/20 January 1, 2013

ニュースレター現場水揚げ0120.gif

No1 Japanese spineless cuttlefish No11 Common Squid
No2 Cutlass fish No12 Spotted Shark
No3 Pear puffer No13 Belted beard grunt
No4 Sea- bream No14 Black cow-tongue
No5 Lizardfish No15 Japanese stingfish
No6 Dwarf squid No16 Finespotted flounder
No7 Red tongue sole No17 Japanese eel
No8 File fish No18 Devil stinger
No9 Black Scraper No19 Isaba
No10 Seabass No20 Red stingray

 

魚図鑑.jpg

 

年末年始、チイカが湧いた日がありました。
前年はマイカが多くチイカは今年の半分ほどでした。

At the end and the beginning of the year, many “Chiika” (a kind of squid) had landed. In the previous year, more cuttlefish were caught and the catch of Chiika was about a half of this year.


魚図鑑-1.jpg

魚図鑑-2.jpg
1月は漁に出れる日が少なく、水揚げもそこそこしかありませんでしたが、おすすめはメタカや赤舌などでこれからに期待しています。(細川)

In January, only few days were good for fishing thus the landing of fish were small. We recommend “Metaka” (a kind of abalone) and red tongue sole as we are expecting these to be landed in the coming season.

地物水揚げランキング ベスト20(11/20付)
Top 20 catch ranking of the local products   (November 20, 2012) By Ms Hosokawa

ren_title_bb_r4_c3.jpg

ニュースレター現場水揚げ.gif

 

No1 Common Squid No11 Barracudas
No2 Cutlass fish No12 Oval Squid
No3 Pike conger No13 Japanese pufferfish
No4 Red stingray No14 Kisslip cuttlefish
No5 Sea- bream No15 Black cow-tongue
No6 Japanese stingfish No16 Young Sea-bream
No7 Filefish No17 Japanese Butterfish
No8 Spotted Shark No18 Finespotted flounder
No9 Shrimp No19 Crescent sweetlips aebiemberaebiemberaebiemberaebiember
No10 Belted beard grunt No20 Swimming crab


ハギが順調に増え、アマギも旬を迎え数が揚がり出しました。
大口やメタカなどカレイ類ものってきています。
刺身はもちろんのこと煮魚、鍋商材と体が温まる料理が進みますね。

寒い中、今治から松山へ向かう海岸沿いも釣り人で賑わっています。
皆様の家庭の味はどんなでしょうか・・・


さて、弊社の商品カタログに養殖ハギが新たに追加されました。


こちらからダウンロードできます。


特徴を見るだけで美味しさが伝わってきます。

ご興味のある方はお問い合わせください。

 

 

Filefish is steadily increasing and Japanese butterfish, now in season, has started to be caught. Flounders such as “Oguchi” and “Metaka” are also increasing. Not to mention sashimi, boiled fish and Japanese hot pot keep us warm and good for winter.  
Although it’s very cold, the coast that lies between Imabari and Matsuyama is crowded with people who love fishing. I wonder how would these fishes be cooked and taste at their home?
Filefish is steadily increasing and Japanese butterfish, now in season, has started to be caught. Flounders such as “Oguchi” and “Metaka” are also increasing. Not to mention sashimi, boiled fish and Japanese hot pot keep us warm and good for winter.  
Although it’s very cold, the coast that lies between Imabari and Matsuyama is crowded with people who love fishing. I wonder how would these fishes be cooked and taste at their home?

 



〈ハギの特徴をカタログから参照〉

・高品質な配合飼料をたらふく食べていて、丸々とよく肥えています。肥えていても栄養の偏りがなく、天然のハギの身質に勝とも劣らない上品で、かつ、深い味わいがあります。

・養殖ハギは、網に付着した海藻を餌とするため、ハマチや鯛と同じ生け簀で飼育を行います。養殖業者は網の清掃

から解放され、優れたハギを出荷する事が可能となり、一石二鳥の利益を得る事が出来るのです。

・養殖ハギは、魚網に付着した海藻を口にしているため、栄養バランスに富んでいます。海藻は優れた『海のサラダ』と言えるでしょう。

・フォアグラと思わせる程の新鮮かつ弾力のある肝は、最高の食感と味覚で食欲をそそります。肝は、そのまま召し上がっても、薬味として薄造りの刺身と一緒に召し上がっても大変美味です。鍋料理に入れれば濃厚なだし汁としても利用が出来ます。水産物最高峰の珍味としてお勧め致します。

・天然と異なり、泥等と混濁した餌を口にしておりません。従って、純粋な肝の味を堪能する事が可能です。

天然ハギは、肝の中に若干不純物が混じる事がありますので、養殖ハギのような純粋で濃厚な味わいを感じる事は出来かねます。


(細川)

 

地物水揚げランキング ベスト20(10/20付)
Top 20 catch ranking of the local products  (October 20, 2012) By Ms Hosokawa *Octoberr

ren_title_bb_r4_c3.jpg

ran_ill1211.jpg

 

No1 Pike conger No11 Belted beard grunt
No2 Common Squid No12 Black cow-tongue
No3 Cutlass fish No13 Young Sea-bream
No4 Sea- bream No14 Japanese sand lance
No5 Red stingray No15 Oval Squid
No6 Swimming crab No16 aebiemberaebiemberaebiemberaebiemberBarracudas
No7 Shrimp No17 Skipjack tuna
No8 Japanese stingfish No18 Edible mantis shrimp
No9 Spotted Shark No19 Globefish
No10 Japanese pufferfish No20 Jack Mackerel

 

水温がなかなか下がらず、旬が遅れているままでしたがようやく秋冬を迎えました。

仕入れ担当者の山本さんもおすすめしているマイカをはじめ、チイカ、モイカとイカ類が増えてきました。鍋商材のワタリガニやフグ類も少量ずつではありますが、期待が持てそうです。(細川)

 

The temperature of seawater did not drop and the fishes in season were not seen; however, it is now autumn and winter season. In addition to Japanese flying squid which is recommended by Mr. Yamamoto who is in charge of purchasing, other kind of squid such as golden cuttlefish and oval squid are starting to be caught. We are expecting a gradual increase of blue crabs and blowfishes.

地物水揚げランキング ベスト20(9/26付)
Local fish catch - The top 20!

ren_title_bb_r4_c3.jpgran_ill10.jpg

No1 Pike conger No11 Black cow-tongue
No2 Cutlass fish No12 Edible mantis shrimp
No3 Verticalstriped cardinalfish No13 Dwarf Squid
No4 Sea- bream No14 Spotted Shark
No5 Black small shrimp No15 Largescale lizardfish
No6 aebiemberaebiemberaebiemberaebiember Red stingray No16 Longtooth grouper
No7 Shrimp No17 Belted beard grunt
No8 Swimming crab No18 Silver whiting
No9 Octopus No19 White croaker
No10 Japanese stingfish No20 Jack Mackerel

先月とほとんど順位に変更はありませんでしたが、水揚げは増えております。ハモは昨年と比較しても倍になっています。

それに比べてカマスやマイカがそれほどあがっていません。
ナゴヤも少なめで、お客様のご注文にお答えできる量がなく残念です。

The ranking did not change much since last month but the amount of total landing increased. The catch of pike conger was doubled compared to last year. On the contrary, barracuda and Japanese flying squid have not been caught much. The landing of globe fish is less and we regret that we cannot meet customer demand.


今年もタコが少なく、ワタリガニが多かったように感じます。
三津でもタコの活かしはずっと高値が続いていました。
また阿部さんという新しい漁師さんも加わり、岩ガキ、セト貝、釣タチなどこれまでになかった物が仕入れできた事は良かったです。
地のアワビ、サザエなどもあれがさらに面白かったかも知れません。
(担当 三木より)

 

Fresh shells came in from Oobe district near Imabari. 
Setogai - Standard name is Igai (mussel): Those from a clean sea can be eaten raw as a vinegared dish; otherwise, they should be boiled or baked. 
Japanese oyster - standard name is the same: Caught in deep sea than pacific oyster. Larger ones are 20cm long and weigh more than 1kg. It does not lose weight during summer but the meat is relatively small with respect to the size of shell. 

Fresh shells came in from Oobe district near Imabari. 


「セト貝と岩ガキ」
今治近くの小部(おおべ)地区でとれた新鮮な貝が入荷いたしました。

● セト貝(標準名:イガイ)
汚染されてないきれいな海の物だけ生食可能(酢の物)ですが、それ以外は煮たり焼いたりします。

Setogai - Standard name is Igai (mussel): Those from a clean sea can be eaten raw as a vinegared dish; otherwise, they should be boiled or baked. 


photo105.jpg


photo106.jpg● 岩ガキ(標準名:イワガキ)
マガキより深いところでとれます。大きいものは殻長20cmになり1kg越えます。
夏でもやせることはありませんが、殻の割に身が小さいです。

 

 

 

 

Japanese oyster - standard name is the same: Caught in deep sea than pacific oyster. Larger ones are 20cm long and weigh more than 1kg. It does not lose weight during summer but the meat is relatively small with respect to the size of shell. 

photo107.jpg


☆☆☆仕入れ担当山本より鮮魚情報です!☆☆☆

例年この時期は、ハモと格闘しますが、この夏は昨年の2倍も水揚げがあったことに驚きました。振り返ってみると毎日ひたすらハモに噛まれるか、ハモを〆るかの格闘していたように思います。今年は甘噛みを含め3度指を噛まれ、一度は小一時間血が止まらないほどでした。

最近は涼しくなって来て、ハモ、メブトが減ってきてワタリガニが増えてきました。これから年末にかけてワタリガニがおいしく、また高値になっていきます。今のカニも十分身がつまっておりおいしいので、カニ好きの方は今がチャンスです。(山本)

Information on fresh fish from Yamamoto who is in charge of purchasing: This time of year, we usually fight with pike congers, and to our supplies, the landing was doubled this summer. Looking back, I remember I have been bitten by the pike congers everyday or fighting with them while harvesting. This year, my finger was bit for three times and it kept bleeding once. As it is getting cool, the catch landing of pike congers and black-throat seaperches have decreased and instead blue crabs are coming. Toward the year-end, blue crabs become delicious and will cost high. Crabs are now very delicious as their meats are firm, so good chance for the crab lovers.

ページトップに戻る