1. トップページ>
  2. 商品紹介>
  3. 養殖魚> タイ>
  4. 真鯛フィーレ

真鯛フィーレ

真鯛フィーレ

説明文章を見る

色々なお祝いの席で、真中にどーんと居座り睨みをきかしながらその場の雰囲気を盛り上げています。 桜の咲く頃、春の潮にのって泳ぎ、その姿が眩しく輝いて見える事から「桜鯛」とも呼ばれています。 中でも瀬戸内海の速い潮流で揉まれて育ったものが最高とされ、高値で取り引きされます。 最近では天然の物の数が減って来ており養殖の物が主流になっていますが頭からしっぽまで捨てるところがない、 どこを取っても美味しい魚です。

閉じる

特徴三枚卸にして、骨の部分を除去し、身だけにしたもの。
規格約0.8kg前後((原魚約1.0~1.5kg)
形態フィーレ、頭なし、尾なし、内蔵なし、背骨なし
学名Pagrus major
入り数1尾入、5尾入、10尾入(一尾真空)
製造期間通年
保存方法冷蔵/冷凍
産地愛媛
取扱方法5℃以下で保存して頂くと鮮度が一週間保持できます。
取引実積輸出(アメリカ、中東、アジア諸国)、国内市場、量販店、居酒屋、寿司店、等

カタログ

タイ

タイ

(PDF:1.1MB)

真鯛製品のカタログです。

ダウンロード

タイ

美鮮の鯛

(PDF:1.7MB)

美鮮の鯛のカタログです。

ダウンロード

ページトップに戻る